セルライトはエステのキャビテーションで落ちやすい事実

セルライトができる原因

どんなに痩せている方でも太っている方でも人間の身体にはセルライトは存在します。 ただセルライトが小さいか、大きいかの違いだけなのですが、セルライトが大きくなって肥大化してしまうと肌表面でぷつぷつとデコボコが出来たり、肉割れが起こったりしてしまうのです。

まず、セルライトとは、皮下脂肪の小さな1つの粒に老廃物が絡まることにより大きくなり、大きくなった皮下脂肪同士が結合して周りにある血管や神経の管を巻き込み更に肥大化したもののことをいいます。 血管や神経を巻き込んでいるのでマッサージを強くしすぎると内出血を起こしたり、他の場所と同じ強さでマッサージしても痛く感じたりしてしまうのです。

このセルライトも原因もなく肥大化はしません。 セルライトが出来るには大きく5つの原因があります。

1、 運動不足
筋肉が衰えてしまうと体内エネルギー消費が衰えていきます。 この体内エネルギーを代謝と言いますが、この代謝が悪くなってしまうと筋肉ポンプの役割がうまく出来ず、血液の循環が悪くなり、老廃物の排出がうまく出来なくなって皮下脂肪と結合しやすくなってしまいます。

2、 浮腫み
意外と思っている方も多いのですが、日本人の8割の女性は浮腫みを持っています!! この浮腫みも血管を圧迫してしまうので血液の循環が悪くなり、老廃物を溜めやすくしてしまう原因になります。 そして浮腫みは代謝低下の1つ、冷え性の原因です。 身体が冷えてしまうと脂肪細胞の燃焼が出来ず、より多くの脂肪細胞が増えてしまうのです。

3、 ホルモンバランスの変化
女性の場合、妊娠や生理など女性ホルモンの分泌が低下する機会が多いですが その際にホルモンバランスが崩れ、太りやすくなったり、浮腫みやすくなったりなどと同様にセルライトも増えやすくなります。 分かりやすいのもで上げると妊娠線と言われるものです。 妊娠をきっかけにセルライトが増え、出産を終えてセルライトが小さくなったことで肌の皮が急激に伸びたり縮んだりを経験することで出来てしまうのです。

4、 食事
食事もとても大切で、一番NGなのは高カロリーな食事です。 特にジャンクフードは鬼門です。 糖分や塩分などが通常の食事のカロリーがオーバーしているので体内エネルギーに変換されなかった老廃物が皮下脂肪と結合しやすい食べ物といえます。

5、 加齢による老化
女性は25歳を過ぎてから何もしないと肉体は衰えていくと言われていますが、3でもお話したとおり、ホルモンバランスの乱れがセルライトの乱れに繋がります。 女性は一定年齢を超えると女性ホルモンの分泌がストップします。 その際にセルライトが増えやすくなってしまうので適度な運動を心がけることが必要です。

このページの先頭へ